最高の教育とはなにか

Grow up Your mind~輝く個性を探して~オーストラリアでの子育て奮闘記

一気に伸びた読書のレベル30!子供を本好きにする努力

㊗️リーディングレベル30🤩

f:id:motherteresax:20210607190011p:plain

小学校1年生の娘が小学校3年生推奨レベルに一気に達成🎊

~Grow up your mind~こんにちは。テレサXです。

有り難い事に本読みレベルが一気に伸びました。これは私もビックリ😆で、めちゃくちゃ嬉しいです👏。

『本読みの力は何事にも通ずる🎓』✨との事から必ず伸ばしたい所ですよね。

私が気をつけていたことは👆

 

子どもが読書ずきになるには

必勝法!自宅のダイニングテーブルに本を置いておく
  • 絶えず本を図書館からかりて(←うちには金銭的余裕はないので買える人は買ってあげてください)飽きない様に新しい本をたくさん置いておく(笑)📚

片付けてないだけですが🤭本が散乱してます。将来お片付けできない子になるかもと心配しますが、そこはきれい好きより本好きさんを勝手に選びました。

一番読むのがダイニングテーブルにおく

座ったらやっぱり手の届く所にあると読むんです。ちょっとしたスキマ時間に。

お父さんやお爺ちゃんが自分のまわりにテレビのリモコン、新聞や、携帯など置いてすぐ取れる現象、あれです。

実は利にかなっていて意味があるんですね。

これだけです。え~、簡単すぎますよね。うんうん、確かに。でも少々すぼらなで🤦飽き性の私はあれこれ出来ないので基本中の基本でいっぱいいっぱいです。

でもここが難しいのですが

子どもの性格を見極めてその子の特性に添うようにする。

性格パターンは様々だと思います。親子といえども違う性格だし正直理解出来無い事もたくさん。

親もたくさんの子供の性格にあわせれる様に私も育児書をたくさん読みました。

十人十色とはまさにこのこと、同じ人はいないのです。←だから難しいのです。

あの手この手、試しますが何が未だに正解で実を結ぶのか、年齢によっても違うし皆変化しています。

永遠のテーマですね、とりあえずは私が思う娘の特性を見ながら、本をかりています。

娘は

  • 飽き性さんだから一度読んだら違う本を読めるように図書館でかりれるマックスまでかりる。時にはカード2枚、私と子供の分で一回につき20冊とか借ります。(ものを大事に扱える子はお気に入りを買ってあげると大事にしますよね)
  • 定期的に新しい本に入れ替える←飽き防止や図書館にいく楽しさを知る!
  • 本人が借りたい本は絶対借りる、小さいと、びっくりするような難しい本をどこからか持ってきますよね🤣経済書だったり、政治的背景が強い本だったり。私も読んだことがない😅でもかります(( ´∀` )

読む読まないは別として、読んでと言われると焦るんですがね🤣。

本人が選んだインスピレーションは無駄にしない。これが尊重ににつながればいいのですが🤔。

逆に、

  • 簡単な本も本人が選んだらかります。本当はたくさん字のあるものをと願うのでこっそり別に自分が選んだのも忍ばせておきます。
  • 旅行中にも本は持っていきます。(薄いの3冊ぐらい)
  • 夜寝るときに必ず読む(私が先に寝ちゃうこともありますが)

かりる周期は小さい頃は私が勝手にどんどんかりにいってます。2週間ペースで入れ替える。

一年生になると自分の読みたいものが定まってくるので、本人と一緒に図書館へいく。

これは続けています。

 

どこへ引っ越ししても、祖父母宅へ帰省中(3ヶ月とか)でも地域の図書館カードを作って図書館に行く

今は月に60冊ペース、年間720冊

幼児期合わせると単純計算で6歳なので6年ちょっとして5000冊は読んでいる計算ですかね。

 

図書館は読み聞かせやベビーマッサージなどのイベントをやっていたりするので日本、オーストラリアともに大好きな場所です。

 

地域をかえて新しい図書館に行くのもたのしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク